新着情報

診療時間

MAP

豊田市 産婦人科 内田クリニック
〒471-0027
愛知県豊田市喜多町4丁目50-1
電話番号:0565-35-3500

  • 初めての方へ
  • 検診・検査・ワクチン
  • 院内広報

第六回 マタニティ写真展「母と子の絆」展 開催

豊田市産婦人科 内田クリニック マタニティ写真 第六回「母と子の絆」展

豊田市産婦人科
内田クリニック
マタニティ写真
第六回「母と子の絆」展

 

2018年 第六回となりました、マタニティ写真展「母と子の絆」展。

8月28日(火)~9月1日(土)
9:00-17:00 ※9/1は9:00-12:00

内田クリニック院内にて開催。
どなたでもお気軽にご覧になれます。

 

当院には「母と子の絆」という想いを大切に日々診療をしています。
妊娠が分かった日、初めてエコーで我が子を見た時、胎動を感じた日、
そして、産まれて出会った日。そして今。

母と子の絆は産まれる前から始まっています。
そして片時もその絆を忘れたことは無いでしょう。

「母と子の絆」展を見てもらい写真から届く「絆」をそれぞれに感じて頂き、また今日という日を大切にして頂ければと思い、今年も開催させて頂きます。

 

写真展は6回目になりました。
毎年、当院でお産をして頂く方に「マタニティフォト」を当院から徒歩3分の「山内写真場」にて撮影することができます。
もし宜しければ来年は、あなたの写真を掲載しませんか?

詳しくは受付まで。

2018年08月09日 | クリニックからのお知らせ

8月助産師相談日のお知らせ

【相談日】 20日(月)

 

皆さんこんにちは。

今年の夏は異常に暑い感じがしませんか・・・?

暑さを我慢せず、クーラーを使用したり、

しっかり水分をとって熱中症予防をしてくださいね。

 

8月は相談室が1回だけしかありませんが、

何かご相談がある場合は気軽に

クリニックのスタッフに声をかけてくださいね。

8月離乳食相談日のお知らせ

【相談日】 9日(木) 23日(木)

 

暑い夏がやって来ますね、この時期心配なのが熱中症です。

母乳やミルクが普段から、

しっかり飲めていれば過剰に心配する必要はありませんが、

気温が高かったり乾燥していたりする時は、

赤ちゃんの様子をみながら、水分を与えましょう。

水や麦茶など甘みや刺激の少ない物が良いですね。

子宮癌ってどんな病気なの?

子宮頚癌

癌のできる場所        子宮の入り口である「子宮頚部」の表面から発生する。

発症しやすい年齢       30代40代に多い。近年、20代30代で増加傾向にある。

発症の主な要因        主に、性交渉で感染するヒトパピローマウイルス(HPV)が関わって

いる。性行動の活発な若い世代にHPV感染が増えているため、20代

から増加傾向にある。

初期の自覚症状        ほとんどない。

子宮体癌

癌のできる場所        子宮の上部にあたる(体部)の内膜から発生する

発症しやすい年齢       50代60代に多い。

発症の主な要因        主に、エストロゲン(子宮内膜を厚くする女性ホルモン)が関わっている。

エストロゲンに長期間刺激されつずけると子宮内膜が厚くなり、発生しやすくなる。

初期の自覚症状        不正性器出血(一過性の少量出血、閉経後の出血など)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年06月28日 | クリニックからのお知らせ

7月助産師相談日のお知らせ

【相談日】 6日(金) 17日(火)

 

皆さまこんにちは。

まだまだ梅雨が続きますね。

おいでんまつりの頃には梅雨明けでしょうか。

暑くなるのも困りものです。。。

暑さを乗りきるために体力作りも必要ですね!!

助産師相談室では、

皆さまの疑問やお悩みの相談にお答えしています。

妊娠、出産に不安を感じたり、疑問に思うことがあれば、

気軽にお越しくださいね。お待ちしています。

7月離乳食相談日のお知らせ

【相談日】 12日(木) 26日(木)

 

湿度や気温が高くなる梅雨の時期は、食中毒が起こりやすくなります。

離乳食の材料は新鮮な物を使い、しっかりと加熱して下さい。

 

まな板や包丁など調理器具は、清潔を心がけましょう。

 

食中毒の三原則

①菌をつけない!(清潔)

②菌を増やさない!(迅速、冷却)

③菌をやっつける!(加熱)

 

抵抗力の弱い赤ちゃんを食中毒から守るために、十分注意しましょう。

ご本人とパートナーの風疹・麻疹(はしか)の予防接種は、済んでいますか?

風疹・麻疹(はしか)のリスク

妊娠初期の女性が風疹にかかると、赤ちゃんの胎児感染により、

白内障や緑内障等の眼症状・先天性心疾患・感音性難聴等の先天性風疹症候群の原因

となります。

また、麻疹にかかると流産・早産のリスクにつながります。

当院でも予防接種は行っておりますのでぜひご来院を!!

 

2018年06月05日 | クリニックからのお知らせ

子宮頸癌無料クーポンのお知らせ

【期 間】 H30年6月1日(金)~H31年3月20日(水)

【対象者】 21歳の女性

(H9年4月2日~H10年4月1日生)

2018年06月05日 | クリニックからのお知らせ

「生理痛で婦人科には行かない」

今起きている月経痛は月経困難症かもしれません。

月経困難症の原因には子宮内膜症の可能性もあります。

これから妊娠を考えている人はより一層気をつけなくてはならない病気です。

妊娠を望む、望まないにかかわらず子宮をいい状態に保つことは大切です。

少し痛む程度だからと我慢するのではなくまずは婦人科を訪ねてください。

 

2018年05月30日 | クリニックからのお知らせ

6月助産師相談日のお知らせ

【相談日】 12日(火) 29日(金)

 

皆さんこんにちは。

またジメジメしたお天気が続く梅雨に入りますね。

先日洗濯物の嫌な臭いに、酢が効くと聞きました。

私も試してみようかと思います。

 

助産師相談室には、

妊娠初期から中期に一度、

お産が近づいた後期にもう一度来ていただけると

ゆっくりお話ができるのでお勧めです。

中には毎月来られる方もいらっしゃいます。

お産の後も赤ちゃんと一緒にお越しくださいね。

お待ちしています。

お問い合せ・ご相談 0565-35-3500

ページの先頭に戻る